ウガンダでサウナに入ろうinカバレ

スポンサーリンク

ウガンダは山が多く、火山などもあるためか国内に数か所ガイドブックに載るような温泉が存在します。また以前書きましたがカバレにも(ガイドブックには載らないような)温泉があります。

ウガンダの秘境に温泉を発見inカバレ
カバレの天然温泉さて私の任地ウガンダとルワンダの国境の街カバレですが町から8キロほど離れたところに温泉がある、ということで先週末行ってきました。場所はよくわからなかったのですが何度か人に尋ねることで到達できました。Googleマップの情報量のすごさその...

温泉好きの私としては毎週でも行きたいところですが交通の便もよくないため気軽には行けません。その代わりというわけではないですが週末にサウナによく行っています。

ウガンダのサウナ

私が行っているのはCephas Innというホテル内にあるサウナです。ホテルの場所はこちら。

ホテル自体には毎週のように外国人が来ている気がしますがサウナの利用者はほとんどウガンダ人です。男女が分かれているわけではなくいわゆる混浴(?)になります。布を貸してくれるのでそれを巻いて入ります。

影響時間はだいたい15時過ぎくらいから夜の22時過ぎまでやっているようです。あまり早く行くとまだ温まっていないので16時過ぎくらいに行くといいと思います。値段は7000シリング(2ドル)です。

サウナの種類

ここCephas Innには2種類のサウナがあります。1つは日本でもおなじみの高温で乾燥したドライサウナです。もう一つはスチームサウナでこちらはスチームの吹き出し口にハーブが置かれておりスチームハーブサウナとなっています。日本ではスチームサウナ自体それほど多くないですしハーブサウナとなると珍しい部類に入ると思いますウガンダでスチームハーブサウナに入れることはとてもありがたいです。

CephasinnSauna1
ドライサウナ

ドライサウナの楽しみ方

日本ではサウナの熱源に水を掛けることはほぼ禁止されていると思いますがここでは逆に掛けるための水が用意されています。

CephasinnSauna2

日本でも最近水を掛け高温の蒸気をサウナルームに充満させタオルやうちわで扇いでその熱さを楽しむというロウリュ(フィンランドサウナ)サービスを提供している所も出てきましたが、こちらもそれに近いです。熱い蒸気が立ち上がるため水を掛けた後は是非最上段で楽しみましょう。

スチームハーブサウナの楽しみ方

ドライサウナより低温のため長い時間入っていられます。ほのかに匂うハーブの香りを楽しみながらゆっくり入るといいと思います。こちらは写真とろうとしたら真っ白けになってしまいました。

サウナから出た後は

残念ながら日本のように水風呂はありません。(シャワーはあります)

サウナの前には休憩スペースが用意されているのでそこで休憩します。ここには無料のティーサービスがありサウナスタッフに頼むと出てきます。汗をかいた後のレモンティーは格別です。

ウガンダではここだけでなく少し大きい街であればサウナがあります。是非旅や日頃の疲れをサウナでリフレッシュしてください。

スポンサーリンク